2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

全ての記事を表示する

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




>>編集

コメント

コメントの投稿

コメント

トラックバック

トラックバック URL
http://ruunosippo.blog.fc2.com/tb.php/104-439c9b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いっちゃんの歯、手術

いっちゃん
口が閉じない原因の歯はちゃんと抜けて
抜歯の必要はなくなったけど、

今度は右下のキバの位置がおかしいので病院へ

普通上下のキバは歯茎の外側になるのに

いっちゃんの右下のキバは内側に向かっていて、
上に突き刺さってる



本当ならキバは左右同じ大きさのはずなのに
いっちゃんのキバは右が小さい

それから
右下の乳歯は


抜けたと思っていたら、
根元から折れてた

気がつかなかった

内側に生えたキバをこのままにしておくと
下の顎が変形してしまう可能性があるとのこと

先生と相談して
いっちゃんにできるだけ負担がかからない方法で
治してもらうことにしました

いっちゃんは9月末に避妊手術の予約いれていたけど
それを早めて、来週4日に避妊手術と
歯の手術をすることに

歯の方は、レントゲンを撮って
残った乳歯の根元をとって
どう処置するか決めるそう

下の歯を3,4mm削るか

動かせそうなら削らないで
歯を外側に固定するそうです

先にレントゲンを撮って
どうするかを決めることもできると言われたけど

レントゲン撮るには、麻酔か鎮静剤を使わないとならないので
いっちゃんの負担をかんがえると

一度で済んだほうがいいと思いました

信頼している先生なので
平気だと思うけど

手術はやっぱり恐い
今から飼い主が緊張してます

るーの手術の時も
緊張したなぁ・・・





るーも一緒に絶食だよ



うそうそ
いっちゃんに気付かれないように
こっそりね







手術は一泊二日
いっちゃんいなくて
飼い主も寂しいです







るーの時はほんと恥ずかしかった

避妊手術はした方が猫のためにいいってわかってても
健康な体を、切って、とっちゃうなんて
なんだか申し訳なくて・・・涙

ごはん頂戴、頂戴するのにあげられなくて・・・涙

何にも知らないるーを病院においてくるなんて・・・涙

るーが飼い主に捨てられたって思うんじゃないか・・・涙

それから、麻酔の副作用なんかもネットで調べて
本当に稀なことだとは思っても、
その稀がるーにおきたらどうしよう・・・・涙

とにかく涙涙で
るーを預けてきた

病院のスタッフの方は
そんなボロ泣きの私に

「心配ですよね、わかります」
と言ってくれたけど

避妊手術程度で
そこまで泣かなくても・・・
と思われてたかな・・・

いっちゃんの時は
泣かないで預けてこよう!

大丈夫

たぶん

泣かない

たぶん



ランキングに参加してます^^
よかったら応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ



















>>編集

コメント

コメントの投稿

コメント

トラックバック

トラックバック URL
http://ruunosippo.blog.fc2.com/tb.php/104-439c9b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

ランキング

よかったら応援してください^^


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ


プロフィール

るー(♀)
2011年8月生まれ。
池のほとり出身のおしゃべりな三毛猫です。 新しいモノ大好き。ダンボール大好き。抱っこはキライ。

いち(♀)
2012年3月生まれ。
草むら出身のキジトラ白ブチいっちゃんです。 恐がり。人見知り。ポンポン大好き。掃除機大キライ。

るーのしっぽ(飼い主♀)
群馬県館林市在住。
2LDKのアパートで、夫と二人暮らし。 「持たない暮らし」に憧れていたのに、猫を飼ってからは、猫グッズでいっぱいに。 大雑把。不器用。


几帳面。器用。

動画

動画もアップしています

最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。